知っておきたいアトピーのこと

知っておきたいアトピーのこと

知っておきたいアトピーのこと アトピーとは、アトピー性皮膚炎とも呼ばれる症状で、皮膚にかゆみや炎症を伴う過敏症の一種だとされています。
元々は、atoposと言うギリシャ語が語源となっており、不特定な場所といった意味があります。
医学用語としては、鼻炎や気管支喘息といったアレルギー症状にもこういった呼び方がされることがありますが、日本では皮膚炎のことを指す場合がほとんどです。
アトピーの具体的な原因や要因などは明確には判明していませんが、皮膚の乾燥とバリアー機能の異常により生じると言われています。患者の多くは、アトピー素因を持っている人であり、家族の中で同様の症状を持っている人や元から何らかのアレルギーを持っている人もなりやすいとされています。
皮膚炎の症状にもさまざまな種類があり、赤い湿疹が出る人や乾燥して白い粉を吹いたり、しこりのような硬い湿疹が出来ることもあります。
そのため、治療の際にもその人の症状や体質に合わせた治療をすることが重要となります。
また、発症した際には早めの処置を行ない、症状が軽い内に治療を行なうことで悪化を防ぐことが可能ともされます。普段から保湿などのようなスキンケアを怠らないようにすることも重要だと言えます。

アトピー性皮膚炎による色素沈着

アトピー性皮膚炎を発症すると皮膚に炎症が起こります。それによって皮膚にダメージが加わり、メラノサイトと呼ばれる色素細胞がメラニン色素を作り出してしまうことで、肌の黒ずみやシミなどを引き起こします。
メラニン色素が皮膚の層の表皮に沈着することで引き起こされるのですが、炎症によって起こる色素沈着は時間がたつと肌の新陳代謝によって自然に消えていきます。
アトピー性皮膚炎の炎暑による肌へのダメージは真皮にまでは及ばないので普通は色素沈着を起こすところまではいかないのですが、肌の表皮と真皮の間にある基底膜が普段はメラニン色素が真皮にまで沈着するのを防いでいますが、基底膜が壊れてしまっていると真皮にメラニン色素が沈着してしまうため新陳代謝によって自然に消しにくくなってしまうことがあります。
アトピー性皮膚炎によって起こってしまった色素沈着を改善するためには、肌の生まれ変わる活動周期を乱さないようにすることが大切になります。
そのため睡眠時間をしっかりと確保してバランスのとれた食事を心がけ、ストレスをため込まないようにしたり、適度な運動で血行促進をはかるようにしましょう。
また肌の乾燥を防ぐために保湿ケアをしっかりと行うようにすることも大切です。