アトピー発症と年齢の関係

アトピーは皮膚の病気です

アトピーは皮膚の病気です 現在も尚苦しんでいる人が多い病気の1つとしてアトピー性皮膚炎という物が挙げられます。
一般的にアトピーと呼ばれているこの病気は基本的にアレルギーを起こしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる事になる炎症を伴う病気で、殆どの場合湿疹と痒みが良くなったり悪くなったりを繰り返すという病気となっています。
しかし病名の由来が特定されていない・奇妙なという意味のギリシャ語であるアトポスである事からも判る様に、様々な発症原因が考えられる病気ともなっているのです。
また合併症として皮膚疾患や感染症、眼科疾患を発症してしまう可能性がある病気ともなっており、中でも単純ヘルペスは感染してしまうと重症化してしまう病気となっています。
基本的に対策としては副腎皮質ホルモン剤であるステロイド外用剤が処方される事となっており、これによって免疫反応を抑制する事で症状の改善と再発の予防を同時に行っていく事になるのです。

アトピーの原因はストレスも関係します

アトピー性皮膚炎は、皮膚に発疹が出たり赤みを帯びたりして、皮膚がかゆくなる病気です。
しかしアトピー性皮膚炎は、単なる皮膚だけの病気ではありません。
精神的なストレスがかかると、悪化するのです。
例えば寝不足だったり、仕事が忙しかったり、受験を控えていたりなど、何か負担になる要因があると、アトピー性皮膚炎の皮膚のかゆみも悪化するのです。
かゆみがひどくなってしまうと、搔き破って出血したり、化膿してしまったりとなかなか治りにくくなってしまいます。
なぜストレスがあると悪化してしまうのでしょうか。
それは、精神的な負荷が体の免疫力を低下させるため、アレルギー源に対する抵抗力も弱くなってしまうからです。
そのようなときは、まず第一に睡眠や休息を十分に取ることを心がけるとよいでしょう。
また人に話したり、できる範囲で趣味を楽しむなどのストレス解消も効果的です。
毎日のちょっとした工夫でアトピーと上手に付き合っていけたらいいですね。